インテリアに活用する|安いダイニングテーブルを探し出したい|アウトレットへレッツGO

安いダイニングテーブルを探し出したい|アウトレットへレッツGO

屋内

インテリアに活用する

カーテン

色のバランスを考える

インテリアで室内をセンスのいい空間にするには、他の家具とのカラーバランスを考えて選ばなくてはいけません。ホームセンターやカタログでデザインがいいカーテンを見つけたら、色のことを考えましょう。部屋を色で考える時、床がベースカラーであり、小物類が差し色のアクセントカラー、そしてカーテンが肝心のメインカラーとなります。メインカラーを担当するカーテンは、本来自分の好みを最も反映させやすいインテリアなのです。床や小物との相性を考えながらカーテンの色を決める場合に最も無難なのは同系統のカラーや類似色で統一することです。あえてイスやクッションなどと補色関係にあるカラーのカーテンを選ぶのも、視覚的にメリハリが出ます。

レースの場合

ドレープのあるカーテンに加えて、レースでできたカーテンを窓側に吊るす過程は多くあります。主に遮光目的で利用されていますが、部屋の中が見えにくいミラーレースや、UVカット加工が施されているものなど多機能化していることが特徴です。室内にいても日焼けや熱中症のリスクはありますから、レースの模様以外にも機能面に着目することも忘れないようにしましょう。通常は窓側にレース、室内側にドレープカーテンという吊るし方を行いますが、最近のインテリア事情ではあえて逆にする方法も好まれています。室内側に吊るす場合は日常的にレースのカーテンを見ることになり、来客の目にもとまることになるのでデザイン性にこだわった方がいいかもしれません。